今までで一番住んで良かった住まい環境の条件

人生の中で、何回か引越しすることはあると思います

■ 男性 42歳
人生の中で、何回か引越しすることはあると思います。
子供の時といいますと、親の転勤で引越しをすることがありました。
学生時代になると、下宿をすることで引越しをします。その後、社会人になる際にも引越しをし、結婚をすると、もう少し広いところに住むということになります。子供が出来ると、やっと自分の住まいを購入するということを考えます。
価格を取るか、住み心地を取るかということになると思います。その中で、最も住みやすかったところは、結局は子供の頃に住んでいたところになるかもしれません。住み始めた当時は、まだ周りに田んぼなどがあったのですが、急速に発展をして、鉄道においても快速が停車するようになりました。

それによって、更に発展が進んだのです。
駅からは徒歩10分ですから、車が無くても十分生活できるところでした。
学校も、徒歩5分から15分ぐらいにありましたから、非常に生活に便利な良いところになると思います。

私が今まで住んだ中で

■ 男性 34歳
私が今まで住んだ中で、一番良かった住まい環境の条件と言えば、都市部のマンションです。

マンションは、比較的ご近所付き合いが必要ではない住まいです。
それまでは一戸建てに住んでいたので、町内会の掃除などがありました。
それがなくなっただけでも、かなり生活が楽になりました。

さらに、都市部の住人は、他人と距離を置く傾向があります。郊外の地域に比べて、あまり他人に干渉しないのです。
私にとっては、適度な距離があった方が生活しやすいので、今までで一番住んで良かった住まい環境と言えます。自分の時間を大切にできたので、ゆったりと生活出来ました。

私は自営業なので、在宅している事が多いです。
だから、住まい環境にはこだわっています。長時間室内で過ごすので、できるだけ快適な環境である事が必要条件なのです。
都市部のマンションは、その条件を全て満たしていました。
実際に住んでみて、まさに世界が変わったのです。

まだ都市部のマンションに住んだ事がない方は、1度試してみましょう。これまでに無かった、快適な住まい環境になるかもしれません。

Copyright 2016 今までで一番住んで良かった住まい環境の条件 All Rights Reserved.